大事なお風呂が使えなくなる前に要チェック…お風呂の水トラブルの原因事情

1日の疲れと汚れを洗い流すことができるお風呂。家の中で欠かすことができない大事な設備の一つですよね。そんなお風呂も、常日頃のチェックが不足していると、思わぬトラブルを起こしてしまう可能性があります。大事なお風呂が使えなくなってしまう前に、お風呂の水トラブルの原因、事情を要チェックしておき、安全・安心な状態でお風呂が使えるようにしましょう。

お風呂が使えなくなる原因としては、その他の水回りのトラブルが起こる原因とかぶる部分がありますが、基本的に水漏れ、水詰まり、そしてお湯が出ないということの三つであると言えるでしょう。では、この三つそれぞれの原因について触れてみたいと思います。

まず水漏れ、これについては水漏れが起こる部位によって原因は変わります。カランや蛇口からの水漏れの場合は内部にあるパッキンの不具合によって起こることがありますし、シャワーホースからの水漏れはシャワーホースそのものが物理的に破損していることが考えられるでしょう。また、少し特殊な事例としては浴槽が割れることによって浴槽本体から水漏れを起こすようなケースもあります。

次に水詰まりの原因についてです。水詰まりはお風呂の場合、髪の毛が主な原因となってそのトラブルを引き起こす傾向にあります。というのも私たちの髪の毛はかなり強固なタンパク質でつくられていますので、自然に溶解することが無く、排水溝に詰まれば特殊な方法を用いない限り溶けて流れるということはありません。

そして最後にお湯が出ないというトラブルについて。これはお湯を作ってくれている給湯器本体の不具合、ガスの不具合が主な原因として考えられますし、給湯器に不具合が無い場合はカラン内にある水温を調節するサーモスタットという部品が故障していることが原因となっているでしょう。

いかがですか?お風呂には、これだけトラブルが起こるポイントがあるので、確実にチェックをしてください。