トイレのタンク、たまには開けてみてください。

皆さんは普段使用している水洗トイレのタンクを開けたことはありますでしょうか。このような質問をすると、きっと多くの方が開けたことはないとおっしゃることだと思います。それはなぜかというと、トイレを普通に使用する上でタンクを開ける必要がまずないからです。しかし、トイレのタンク、たまには開けてみてください。たまにそこを開けることによて、気づかなかったようなトイレの不具合に気がつくことがあるからです。

では、トイレのタンク内でどのような不具合が起こるのかというと、まず考えられるのに浮き球と呼ばれる器具の不具合が考えられます。浮き球は水が溜まることによって浮かび、その球が浮かび上がることによって便器に流れる水に栓をするという働きをしてくれます。この浮き球に不具合が起こってしまうと、水洗便所から水が止まらなくなってしまって、大きな水漏れの原因になってしまうのです。さらに、水がずっと流れ続けるわけですから水道代が高額になるというリスクも起こりえますので浮き球の不具合は確実に避けなければならない出来事であると言えるでしょう。

さらに、手洗い管がついているようなタンクの場合、手洗いを行った際に落ちてしまったゴミがタンク内部に蓄積していき、それが詰まりを引き起こしてしまうというケースも考えられます。この詰まりによってトイレに水が流れなくなってしまうトラブルが起こりえますので、絶対に起こらないように気をつけるべきだと言えるでしょう。

このように、トイレのタンク内部には様々な不具合が起こってしまいますので、不具合から重大なトラブルに発展する可能性が多々あります。そのため、できるだけトラブルを未然に防ぐためにもトイレのタンクは定期的にチェックするようにしてはいかがでしょうか。チェックするのは週一回でも月一回でもかまいませんし、一瞬だけ見る形でも十分ですので、それほど苦になる程大変なことでもないため簡単です。